安心・安全な新築・中古マンションを購入する方法・見分け方

おすすめ記 > お役立ち情報など > 安心・安全な新築・中古マンションを購入する方法・見分け方

安心・安全な新築・中古マンションを購入する方法・見分け方

分譲マンションや自宅の購入は、人生で一番高い買い物だと言われます。その分譲マンションの建築で、また不正が発覚!東洋ゴム工業の子会社が、データ偽装をした不十分な性能の免震ゴムを製造・販売していました。その結果、それを使用した建物は免震基準に満たない違法な建物になってしまっていて、また地震の際にも危険な建物になっているとのこと。被害は、分譲マンションだけでなく、日本全国18都府県のいろいろな建物(愛媛や高知、長野の市庁舎や消防署など)合計55棟におよび、問題の製品は2,052基の建物基礎で使われているそうです。


apartment.pngこの事件を取り上げていた日本テレビの情報ライブ「ミヤネ屋」によると、2005年に起きた「姉歯事件」(一級建築士(当時)による建物の構造計算書偽造問題)では、その被害にあった人の中に、買ったマンションは建て替えないといけなくなったが、偽装した一級建築士もそのデータに基づいて建築許可を出した国も補償をしてくれなかったために、買ったマンションと建て替えたマンションの両方のローンを払っている人もいる、ということでした!!本当にお気の毒ですね。


一生で多分、一番高い買い物をするのだから、マンションなどを買うときには、
(1)専門家にチェックを依頼する(費用がかかりますが)
(2)住宅性能表示をチェックする
(3)住宅業者が住宅瑕疵保険に加入済みかどうかをチェックする

というようなことが大事だそうです。


住宅性能表示とは、客観的に第3者機関がが10の項目について評価したもので、住宅の性能の相互比較ができるようになっているものです。


また、「日本建築学会」のHPに、マンションを買うときにぜひ読んでほしい参考になることがいろいろ書いてあるとのことでした。検索してみたら、「新築マンションを選ぶときには」「液状化被害の基礎知識」「市民のための耐震工学講座」などというタイトルの、とても勉強になることがいろいろ書いてあります。


また「住まいのすごろく」なんていうのもあって、住まいをどんなときに買うのか、またその後の手入れなどの考え方をどうするのか、人生とからめて順を追って描いていて、なかなか考えさせられます。


興味のある人は、日本建築学会のHP(http://www.aij.or.jp/)の中ほどにある「市民のひろば」というところをクリックしてみてください。安心して長く住むことができる住まいを買うためには、それなりに自分でも勉強することが必要ですね。



関連記事

  1. お掃除、卵焼き、黄ばみ落としなどの裏ワザ
  2. オリンピックのメダル報奨金、日本や世界(韓国、アメリカ、イギリスなど)のメダリストの場合
  3. ゆうちょ銀行(〇五八支店)へのATMからの振り込みと、手数料のこと
  4. 老後移住におすすめの日本国内の地方都市・地域と、候補ナンバー1の別府
  5. 犬のお見合いパーティ@銀座:愛犬の友だちやお嫁さん・お婿さん、そしてペット仲間を気軽に探す方法
  6. ハンモックやハンモックカフェが東京でもブーム!そのメリットとデメリット、値段など
  7. 日経MJの、2015年上半期ヒット商品番付!
  8. ルーブル美術館展(国立新美術館)の混雑状況とフェルメールの天文学者
  9. 同窓会の名簿作成から案内状送付まで、人気の幹事代行サービスなら安心!
  10. 無印良品を安く買うコツ!
  11. 4歳~7歳頃向け本のプレゼントに、図鑑「はっけんずかん」(学研マーケティング)
  12. 自撮りテク!美しいセルフポートレイトを撮るワザ。メガネをしていても大丈夫!
  13. 安心・安全な新築・中古マンションを購入する方法・見分け方
  14. 言葉遊び(しりとり)の楽しい絵本、幼児へのプレゼントに!3~4歳からOKです

アメックス センチュリオンカード