100歳以上まで長生きできる?!抹茶のパワー、効能、摂り方

おすすめ記 > 健康 > 100歳以上まで長生きできる?!抹茶のパワー、効能、摂り方

100歳以上まで長生きできる?!抹茶のパワー、効能、摂り方

日本で100歳以上の人口がとても多いという島根県。そこで、県民が大変良く口にしているのが、抹茶だそうです。


ということで、「名医のTHE太鼓判」というTBSの番組(2019年7月1日放送)では抹茶の大特集。島根県ならではの食べ方も紹介されていました。

maccha3.jpg


「抹茶はダイエットにも良くてメタボにならないから、長寿の人が多いのでは?」という意見もある抹茶。これから、毎日少しずつ摂ろうと思いました!

抹茶の成分や効果・効能とは?


抹茶は、煎茶と同じお茶の葉から出来ていますが、一定期間(4月~5月頃)は日光が当たらないようにカバーをかけた中で育てます。


太陽光が届かないことで、葉を厚くするための栄養が枝が伸びるのに使われ、葉は薄く柔らかい、そしてタンニン(渋み)が少なくてテアニン(旨み)多いものになります。また、葉はより緑色になります。


約1年かけて作られた葉を、最後は石臼で挽くのですが、石臼で生産できるのは1時間に40g~60gとのこと。こんなに手間暇がかかるので、抹茶は普通のお茶より高くなってしまうんですね。

maccha1.jpg


抹茶に含まれる成分とその特徴は、


●アミノ酸が豊富で、旨みの多い葉

●ポリフェノール(茶カテキン)が、煎茶の約2倍

●ルテイン(カルテノイド)などを含む・・・これは茶葉をまるごと摂取するためで、煎茶の抽出液には含まれないものです

●タンニンが、脂肪の吸収を抑制し、分解を促進する


また抹茶の腸内フローラへの影響を調べた研究では、「1日2回(朝夕)、1~2週間の飲用で、大腸炎、大腸がんの発症・悪化と関係するとされる悪玉菌が大幅に減り、逆に酪酸という腸内によい酸を作る善玉菌が大幅に増加」という結果が出ています。


また、肌の血流を良くするのではないか、「テアニン」と「カフェイン」の両方が含まれているのがストレス軽減に良いのではないか、なども研究結果から推測されています。

島根県での抹茶の飲まれ方


島根県は、江戸時代後期の松平治郷(まつだいら はるさと)という第7代藩主がお茶の趣味があり、江戸時代の代表的茶人の一人。不昧流(ふまいりゅう)という茶道を作った人です。


その影響で、今でも松江にはおいしい和菓子が多く、茶器から発展して焼き物・陶器も盛ん。


そんな島根県では、「名医のTHE太鼓判」によると、1日3回の食事のあとにサッとお茶をたてて、抹茶を飲む家庭も多いのだとか。そして、職人さんたちも、お水の代わりに「水出しの抹茶」を飲んでいるという話もありました。


また「鯛の抹茶お茶漬け」も鳥取県ならではの食べ方のようです。

おすすめの抹茶の食べ方、飲み方


毎日でも食べたい/飲みたい抹茶。いつものコーヒーを抹茶ラテにしてもいいですね。

maccha2.jpg

抹茶を使ったおすすめの食べ方は、こんなものがあります。


抹茶+納豆


納豆に抹茶を入れて混ぜるだけ。いつもの納豆がよりヘルシーになります。(抹茶は、納豆の善玉菌のエサとなります)


誰でもできる!水出し抹茶


空のペットボトルや水筒などに、水を入れて、それにあった量の抹茶を入れ、好みで氷を少し入れて、良く振って混ぜます。


2~3時間おきに100mlずつぐらい飲みます。飲む前に、ボトルを再度ふったほうがいいです。(一度にたくさん飲むよりは、少しずつのほうが効果が続くため)


ヨーグルトや牛乳など、何にでも混ぜる


鯛の抹茶お茶漬け


温かいご飯に鯛を乗せる。抹茶をふり、薄口しょうゆをかける。ほうじ茶を入れてお茶漬けにする。


白身のさっぱりした鯛にとても良く合うと「名医のTHE太鼓判」で食べた人たちからも絶賛。良く天ぷらで塩抹茶が出たりしますが、それを思うと、おいしいのもうなずけます!


抹茶をたてるときは、抹茶2~2.5gを80ml程度のお湯(40~60°)で、茶せんで泡立てて飲むのが良いようです。時間はいつでもいいのですが、例えば、1日2回、昼食後や夕食後だとリラックス効果も感じられて良いかもしれないそうです。



関連記事

  1. ビタミンB1とアリシンで、夏を乗り切る超簡単レシピ!
  2. 100歳以上まで長生きできる?!抹茶のパワー、効能、摂り方
  3. 美肌やぽっこりお腹対策、アンチエイジングの味方「マグネシウム」は、メタボや糖尿病の予防にも!
  4. 症状別、食べたい食品!(免疫力アップ、膝痛、血管若返り、冷え性改善、突然死対策、高血圧など)
  5. 認知症を予防する食べ物、運動、睡眠について
  6. 心筋梗塞の予防には、サバとシジミ!?
  7. 水戸光圀公の長寿と健康の秘訣:動く、水泳、食事
  8. コラーゲンは、やっぱり効果がある!特に60代以上、そしてスポーツ選手にもおすすめ
  9. 骨のオステオカルシンを増やして、糖尿病や動脈硬化対策!肌も美しく!?
  10. 風邪に効く食事はチキンスープ!そして、足の裏もあたためよう!
  11. 天然のサプリメント「クルミ」「マカダミアナッツ」の成分と効果、栄養、カロリー、おいしいナッツ専門店
  12. 元気に長生きする方法と食べ物:細胞の長寿遺伝子の活性化と、テロメアの安定化を促す!
  13. 兼子ただしの簡単ストレッチで、下腹がへこみ、肩こりも解消!SSS(スリーエス/ストレッチ専門店)が超人気の理由!
  14. 認知症予防の食事方法、昼寝と、予防トレーニング体操(運動)「トントン&スリスリ」
  15. 頑固な肩こりの原因「ストレートネック」を改善する、竹井式ストレッチ体操
  16. 肩こりの本当の原因「筋膜」と、肩こりを根本的に治す竹井式ストレッチ体操(byためしてガッテン)
  17. ダニを高熱で100%撲滅する方法~ダニアレルギーにさようなら!(by ためしてガッテン7月23日)
  18. 熱中症対策に効く飲み物や水と、スポーツドリンクと経口補水液の違い
  19. 熱中症の症状と予防対策、なりやすい体質「ドライボディ」と、「楽々スクワット」(ためしてガッテン7月15日)
  20. 帯状疱疹の原因と初期症状、虫刺され・おできとの見分け方、予防など byNHKためしてガッテン7月8日
  21. 閉経の年齢や、閉経前後の症状、女性ホルモン、痛みやにおいについて(あさイチ・オンナの保健室6月22日)
  22. ゴッドハンドの酒井慎太郎さんが肩こり腰痛対策・予防・体操、ストレートネック対策(枕など)を伝授!(ゴゴスマ6月25日)
  23. 喘息・アレルギーが悪化する前に!カビとダニの退治・対策・掃除方法(林修の今でしょ講座5月26日放送)
  24. すい臓がんを自分で早期発見する方法と検査法、症状!(自己判定ガイドbyためしてガッテン)
  25. 認知症の超早期サイン(シグナル)症状は、日常生活の些細な変化!
  26. 物忘れがひどくなった40代50代、必見!質のいい睡眠の取り方・眠れない時の対策
  27. 常備したい4つの漢方薬、その4「加味逍遥散」(更年期障害やイライラ、自律神経失調症に)
  28. 常備したい4つの漢方薬、その3「五苓散(ごれいさん)」(二日酔いの特効薬!)
  29. 常備したい4つの漢方薬、その2「芍薬甘草湯」(筋肉の痙攣・足のつりに!)
  30. 常備したい4つの漢方薬、その1「葛根湯」(風邪・肩こり・痛み退治に)
  31. 目の病気予防には、まず紫外線対策・予防を!
  32. 足腰の筋力アップと骨の若返り ~たんぱく質・カルシウムの正しい摂り方
  33. 脳の若返り方法 ~炭水化物ダイエットの副作用・危険
  34. 血管年齢を若返らせる、エゴマ油(=しそ油)!別名は「畑の青魚」
  35. 疲れ目やドライアイを解消!?曇るメガネ「ウィンク グラス(wink glasses)」
  36. 認知症の種類とチェックリスト、予防や改善のための運動・体操・食事
  37. 認知症の初期症状(白質病変)を予防する食事と習慣
  38. 胃がんの原因の99%!ピロリ菌除去は保険診療(健康保険)の対象!
  39. 増加するコワい目の病気「加齢黄斑変性」の、予防対策の食べ物
  40. 筋トレになる簡単なウォーキング方法「インターバル速歩」。ダイエットにも!

アメックス センチュリオンカード