元気に長生きする方法と食べ物:細胞の長寿遺伝子の活性化と、テロメアの安定化を促す!

おすすめ記 > 健康 > 元気に長生きする方法と食べ物:細胞の長寿遺伝子の活性化と、テロメアの安定化を促す!

元気に長生きする方法と食べ物:細胞の長寿遺伝子の活性化と、テロメアの安定化を促す!

ヒトは新陳代謝や細胞分裂を続けることで生きています。老化とは、この細胞分裂が出来なくなってしまうこと。


細胞の中にある「テロメア」と言われるものが、細胞分裂の指令を出していますが、テロメアがだんだん短くなり働かなくなると、それ以上細胞が分裂できなくなり成長・新陳代謝が止まってしまいます。シワやたるみなどの美容的劣化、認知症や身体が思うように動かなかったりという肉体的ダメージが起きます


膳細胞の中にあるテロメアは若い頃は長いのですが、加齢とともに、細胞分裂を繰り返すたびに、徐々に短くなっていきます。このテロメア自体の老化を左右しているのが、近年発見された細胞の中の「長寿遺伝子」長寿遺伝子を活性化させると、テロメアが安定し、老化防止につながるのです。つまり若々しさの秘訣は、長寿遺伝子活性化にあるんですね!


*テロメアやテロメアを長くする酵素の研究は、2009年ノーベル医学生理学賞を受賞しています。テロメアの長さには非常に個人差があり、生活環境・習慣の違いよりテロメアの長さに違いが出ることも分かっています。


長寿遺伝子を活性化させるメリットは、テロメアの安定化以外にもいろいろ

(1)活性酸素を消去する(細胞を傷つけ、老化させる活性酸素から細胞を守る)
(2)遺伝子の修復(ダメージを受けた遺伝子の修復をし細胞を正常化) 
(3)代謝のコントロール(細胞の老化スピードを正常化)


こんなに大事な働きをしている「長寿遺伝子」。長寿遺伝子を活性化させ、テロメアも安定させて、元気で長生きできる身体を作りましょう


テレビ東京「レディス4」では、この長寿遺伝子の活性化の方法を伝授していました。解説は、抗加齢医学の第一人者・順天堂大学教授の白澤卓二氏。(2015年10月14日放送)

長寿遺伝子を活性化させる方法


長寿遺伝子を活性化させるのに、とっても大事なことが3つ。そして他にも2つ、精神的な意味で大事なことがあります。


(1)ケトン体を増やして、ケトン体質になる!


糖質制限をすると体の脂肪が燃焼し、そのときに肝臓でケトン体が作られます。そうなると、長寿遺伝子が活性化されます。


keton1510.jpg


糖質制限・脂肪燃焼というステップを踏まずに、肝臓でケトン体を作るのが、ココナッツオイルやココナッツミルクの中鎖脂肪酸。


だから、ココナッツオイルココナッツミルクを摂取しても、ケトン体を増やし、ケトン体質になることができます


ココナッツオイルは毎日50㏄、ココナッツミルクは毎日100㏄摂るといいと白澤氏のアドバイスです。


ちなみに、ココナッツオイルは、日本ではあまり習慣化していませんが、認知症予防にもいいと、今、とても人気のオイル。


食べ方は、いろいろあります。
(1)パンに塗る
(2)ドレッシングに混ぜる
(3)調理油として使う(酸化しにくいので、揚げ物にも最適)
(4)コーヒーに小さじ1杯ぐらいを入れる
(5)味噌汁に小さじ1杯ぐらいを入れる
(6)煮物に入れる
(7)納豆や豆腐にかける
など。アイスクリームにかけても、おいしいですね。


加熱加工されていない「エキストラバージン ココナッツオイル」が良いようです。


このオイルは、18度~25度ぐらいだとゼリー状、25度以上だと液体、18度以下だと個体になります。使う方法に合わせて冷蔵庫に入れたり、湯煎にかけたりします。


最初は、食べて下痢をする人もいるので、1日に小さじ1杯ぐらいから始めましょう。過度の摂取も禁物。毎日小さじ3.5杯ぐらい(14gぐらい)までが無難という人もいます。(持病を持っている人は、お医者さんに要相談!)


ココナッツオイルを買うなら、楽天ショップで比較してみるといいですよ。

  >> エキストラバージン ココナッツオイル


ココナッツミルクは、通販で買うならアマゾンにいろいろ揃っています。

  >> ココナッツミルクは、アマゾンで!


(2)ポリフェノールを摂る


日本で「長寿の里」と言われるのが、長野県高山村。ここの人たちは、テロメアが平均よりも長いそうです。


この高山村の特産が、りんごと、ワイン用のぶどう(カルベネ・ソーヴェニオンなど黒いぶどう)。そう、リンゴとぶどうに含まれるポリフェノールが、長寿遺伝子活性化に効くのです。


りんごも、黒いぶどうも、皮にポリフェノールがいっぱいあるので、皮を食べるのが大事。(リンゴには、さらにカテキンなど他の成分もあるので、このまとめた「リンゴ・ポリフェノール」が更にいいのです)


choju1510.jpg

(マウスの実験でも、上のように、りんごポリフェノールを与えると寿命が延びます)


リンゴなら、色が濃いものを選んで、1日1個。


ぶどうは、なるべく皮ごと食べるといいのですが、皮ごとミキサーでジュースにするという方法もあります。


ブドウの代わりにワインを飲むなら、赤ワイン。アルコールも入っているので、1日にグラス3杯ぐらいまでが適量です。


(3)運動をするなら、「インターバル速歩」がおすすめ


運動は、激しい体力を消耗する運動ではなく、長時間できて心拍数が上がらないものが、おすすめ。そのほうが、ケトン体が出やすくなるからです。


そして最もおすすめなのは、いろいろな効果が認められ、高齢の人もやりやすい「インターバル速歩」。


「インターバル速歩」のやり方は、こちらにもありますが、「3分間速く、大きく腕を振って歩く ⇒ 3分間ゆっくり普通のペースで歩く」を、5回繰り返します。(5回繰り返すと30分になります)


このインターバル速歩を1日30分以上、週4日以上行うのが理想です。


choju1510a.jpg


その他にも大事なのは、

(A)温泉などでの癒しで、ストレスを減らす


長寿の里・高山村は、温泉でも有名な村。住人はよく山田温泉に入っています。


温泉に1時間ぐらい入っていると、ストレスが半分になるという医学報告もあります。温泉のミネラル成分が有効なんですね。温泉の元などの入浴剤を、自宅のお風呂にいれるのでも効果があるとのことです。


例えば介護をしている人などは、テロメアが短いと言われるほど、ストレスは長寿や、テロメアの敵です。ストレスを感じたら、とにかく癒しの時間をとることを考えましょう。


(B)生きがい・新しい趣味を持つ


新しい挑戦をすると、脳が活性化されます。脳の神経細胞が刺激されるんですね。だから、いくつになっても生きがいをもって、新しいことに挑戦している人は若々しくいられます。


ちなみに、喫煙は長寿の大敵。5年間毎日1箱吸うと、1年寿命が縮むと言われます。20年喫煙したら4年、40年喫煙したら8年、寿命が縮んでしまうんですね。できるなら、タバコはやめたほうが長生きできます。



関連記事

  1. コラーゲンは、やっぱり効果がある!特に60代以上、そしてスポーツ選手にもおすすめ
  2. 骨のオステオカルシンを増やして、糖尿病や動脈硬化対策!肌も美しく!?
  3. 風邪に効く食事はチキンスープ!そして、足の裏もあたためよう!
  4. 天然のサプリメント「クルミ」「マカダミアナッツ」の成分と効果、栄養、カロリー、おいしいナッツ専門店
  5. 元気に長生きする方法と食べ物:細胞の長寿遺伝子の活性化と、テロメアの安定化を促す!
  6. 兼子ただしの簡単ストレッチで、下腹がへこみ、肩こりも解消!SSS(スリーエス/ストレッチ専門店)が超人気の理由!
  7. 認知症予防の食事方法、昼寝と、予防トレーニング体操(運動)「トントン&スリスリ」
  8. 頑固な肩こりの原因「ストレートネック」を改善する、竹井式ストレッチ体操
  9. 肩こりの本当の原因「筋膜」と、肩こりを根本的に治す竹井式ストレッチ体操(byためしてガッテン)
  10. ダニを高熱で100%撲滅する方法~ダニアレルギーにさようなら!(by ためしてガッテン7月23日)
  11. 熱中症対策に効く飲み物や水と、スポーツドリンクと経口補水液の違い
  12. 熱中症の症状と予防対策、なりやすい体質「ドライボディ」と、「楽々スクワット」(ためしてガッテン7月15日)
  13. 帯状疱疹の原因と初期症状、虫刺され・おできとの見分け方、予防など byNHKためしてガッテン7月8日
  14. 閉経の年齢や、閉経前後の症状、女性ホルモン、痛みやにおいについて(あさイチ・オンナの保健室6月22日)
  15. ゴッドハンドの酒井慎太郎さんが肩こり腰痛対策・予防・体操、ストレートネック対策(枕など)を伝授!(ゴゴスマ6月25日)
  16. 喘息・アレルギーが悪化する前に!カビとダニの退治・対策・掃除方法(林修の今でしょ講座5月26日放送)
  17. すい臓がんを自分で早期発見する方法と検査法、症状!(自己判定ガイドbyためしてガッテン)
  18. 認知症の超早期サイン(シグナル)症状は、日常生活の些細な変化!
  19. 物忘れがひどくなった40代50代、必見!質のいい睡眠の取り方・眠れない時の対策
  20. 常備したい4つの漢方薬、その4「加味逍遥散」(更年期障害やイライラ、自律神経失調症に)
  21. 常備したい4つの漢方薬、その3「五苓散(ごれいさん)」(二日酔いの特効薬!)
  22. 常備したい4つの漢方薬、その2「芍薬甘草湯」(筋肉の痙攣・足のつりに!)
  23. 常備したい4つの漢方薬、その1「葛根湯」(風邪・肩こり・痛み退治に)
  24. 目の病気予防には、まず紫外線対策・予防を!
  25. 足腰の筋力アップと骨の若返り ~たんぱく質・カルシウムの正しい摂り方
  26. 脳の若返り方法 ~炭水化物ダイエットの副作用・危険
  27. 血管年齢を若返らせる、エゴマ油(=しそ油)!別名は「畑の青魚」
  28. 疲れ目やドライアイを解消!?曇るメガネ「ウィンク グラス(wink glasses)」
  29. 認知症の種類とチェックリスト、予防や改善のための運動・体操・食事
  30. 認知症の初期症状(白質病変)を予防する食事と習慣
  31. 胃がんの原因の99%!ピロリ菌除去は保険診療(健康保険)の対象!
  32. 増加するコワい目の病気「加齢黄斑変性」の、予防対策の食べ物
  33. 筋トレになる簡単なウォーキング方法「インターバル速歩」。ダイエットにも!

アメックス センチュリオンカード