骨のオステオカルシンを増やして、糖尿病や動脈硬化対策!肌も美しく!?

おすすめ記 > 健康 > 骨のオステオカルシンを増やして、糖尿病や動脈硬化対策!肌も美しく!?

骨のオステオカルシンを増やして、糖尿病や動脈硬化対策!肌も美しく!?

骨は、何の働きもない骨格を作っているだけのものだと長年思われてきました。でも、ここ10年のコロンビア大学(アメリカ)の教授の研究で、骨の中にあるオステオカルシン(骨ホルモン)がすごい働きをしていることが分かって来たんです。


bone1.pngオステオカルシンは、骨を形成する細胞「骨芽細胞」が分泌するタンパク質。骨のタンパク質(非コラーゲン性タンパク質)の25%を占めているそうです。ホルモンのような働きをして膵臓のインシュリン分泌を促したりするので、日本語では「骨ホルモン」と言われています。


2017年2月15日のNHK「試してガッテン」は、このオステオカルシンの大特集。オステオカルシンは、ヒト体内の脳や肝臓、すい臓、腎臓などの内臓を活性化し、糖尿病や動脈硬化の予防対策に役立つことを教えてくれました。


そしてまだ未知数ですが、認知症の予防にもなるかもしれないとのこと。また皮膚も活性化してくれるそうで、美肌にも繋がりそうです!


このオステオカルシンは、骨密度とは別もの。骨密度が高いからといって、オステオカルシンが多いとは限りません。オステオカルシンが少ない人は、これを増やすことが、内臓活性化や糖尿病や動脈硬化の予防対策に大事です。


番組では80人のオステオカルシンを測り、特に少なかった6人は血糖値(HbAlc)が高い、つまり糖尿病予備軍だということが分かりました。(今は、通常、甲状腺関係の病気の時にしかオステオカルシン測定はできません)


「ためしてガッテン」によると、「糖はタンパク質(オステオカルシン)と非常に反応しやすい性質で、血液中の糖が多い状態が続くとタンパク質に糖がくっついてしまう『糖化』という現象が起こる。他にもタンパク質があるが、糖化したタンパク質は本来の働きができなくなるので、骨ホルモンの働きも鈍ってしまうのではないか、と専門家たちは考えている」とのことでした。やはり糖分は控えたほうがいいんですね。

簡単な体操で増やせるオステオカルシン!


オステオカルシンをサプリメントで摂れないか、九州大学のチームが研究中。地元の博多ラーメンに使われる豚の骨からオステオカルシンを作れることが分かり、今、より効果的なサプリメントにするように進めているそうです。


もう少ししたらサプリメントで増やして、糖尿病対策をしたり、内臓や皮膚を活性化したりできるようになるかもしれませんが、オステオカルシン(骨ホルモン)を増やすとても簡単な方法があります。


それが、「かかと落とし体操」


オステオカルシンを分泌する骨芽細胞は、触手みたいなものを出して繋がりあっているのですが、そのひとつに「がんばれ!」と伝えると、繋がっている細胞にも次々に伝わり、全部を刺激することになるんです。


この刺激する方法が、「かかと落とし」。やり方は、背筋を伸ばして立つ⇒かかとを上げ、爪先立ちになる⇒一気にかかとを地面につける。これを1日30回、1週間続けたところ、上記6人のうち5人のオステオカルシンの数値がアップしたそうです。


かかとを上げて落とすだけで、何と体には、体重の3倍の負荷がかかるんです。高齢の人は何かにつかまって、倒れないように注意してやりましょう。


この「かかと落とし」体操は、同時に骨密度も上げてくれるそうです。骨粗しょう症の人にもいいんですね。


サプリメントがなくても大丈夫!これで、オステオカルシンを増やして糖尿病対策、心筋梗塞対策、そして美肌にも役立てたいですね。

納豆オリーブオイルも、おすすめ!


納豆には、骨に存在するたんぱく質オステオカルシンを活性化し、骨形成を調節するビタミンKが含まれています。植物性発酵食品なので、他にもメリットがたくさん。骨粗しょう症対策にもいいし、イソフラボンが乳がん予防や前立腺がんなどの予防に役立ちます。


納豆のビタミンKにはメナキノンという成分が含まれ、オステオカルシンを活性させる力がより強いようです。このメナキノンは油と一緒に摂ると、より吸収しやすくなります。そこで、おすすめなのが納豆+オリーブオイル。納豆+オリーブオイル+お醤油で、納豆をいただきます。


ネギや山芋、とろろ昆布やクコの実など、好きなものをプラスしてもいいですね。


また、ひきわり納豆のほうが表面積が多く納豆菌も多いので、ビタミンKの100gあたりの量が多くて、よりおすすめです。



関連記事

  1. コラーゲンは、やっぱり効果がある!特に60代以上、そしてスポーツ選手にもおすすめ
  2. 骨のオステオカルシンを増やして、糖尿病や動脈硬化対策!肌も美しく!?
  3. 風邪に効く食事はチキンスープ!そして、足の裏もあたためよう!
  4. 天然のサプリメント「クルミ」「マカダミアナッツ」の成分と効果、栄養、カロリー、おいしいナッツ専門店
  5. 元気に長生きする方法と食べ物:細胞の長寿遺伝子の活性化と、テロメアの安定化を促す!
  6. 兼子ただしの簡単ストレッチで、下腹がへこみ、肩こりも解消!SSS(スリーエス/ストレッチ専門店)が超人気の理由!
  7. 認知症予防の食事方法、昼寝と、予防トレーニング体操(運動)「トントン&スリスリ」
  8. 頑固な肩こりの原因「ストレートネック」を改善する、竹井式ストレッチ体操
  9. 肩こりの本当の原因「筋膜」と、肩こりを根本的に治す竹井式ストレッチ体操(byためしてガッテン)
  10. ダニを高熱で100%撲滅する方法~ダニアレルギーにさようなら!(by ためしてガッテン7月23日)
  11. 熱中症対策に効く飲み物や水と、スポーツドリンクと経口補水液の違い
  12. 熱中症の症状と予防対策、なりやすい体質「ドライボディ」と、「楽々スクワット」(ためしてガッテン7月15日)
  13. 帯状疱疹の原因と初期症状、虫刺され・おできとの見分け方、予防など byNHKためしてガッテン7月8日
  14. 閉経の年齢や、閉経前後の症状、女性ホルモン、痛みやにおいについて(あさイチ・オンナの保健室6月22日)
  15. ゴッドハンドの酒井慎太郎さんが肩こり腰痛対策・予防・体操、ストレートネック対策(枕など)を伝授!(ゴゴスマ6月25日)
  16. 喘息・アレルギーが悪化する前に!カビとダニの退治・対策・掃除方法(林修の今でしょ講座5月26日放送)
  17. すい臓がんを自分で早期発見する方法と検査法、症状!(自己判定ガイドbyためしてガッテン)
  18. 認知症の超早期サイン(シグナル)症状は、日常生活の些細な変化!
  19. 物忘れがひどくなった40代50代、必見!質のいい睡眠の取り方・眠れない時の対策
  20. 常備したい4つの漢方薬、その4「加味逍遥散」(更年期障害やイライラ、自律神経失調症に)
  21. 常備したい4つの漢方薬、その3「五苓散(ごれいさん)」(二日酔いの特効薬!)
  22. 常備したい4つの漢方薬、その2「芍薬甘草湯」(筋肉の痙攣・足のつりに!)
  23. 常備したい4つの漢方薬、その1「葛根湯」(風邪・肩こり・痛み退治に)
  24. 目の病気予防には、まず紫外線対策・予防を!
  25. 足腰の筋力アップと骨の若返り ~たんぱく質・カルシウムの正しい摂り方
  26. 脳の若返り方法 ~炭水化物ダイエットの副作用・危険
  27. 血管年齢を若返らせる、エゴマ油(=しそ油)!別名は「畑の青魚」
  28. 疲れ目やドライアイを解消!?曇るメガネ「ウィンク グラス(wink glasses)」
  29. 認知症の種類とチェックリスト、予防や改善のための運動・体操・食事
  30. 認知症の初期症状(白質病変)を予防する食事と習慣
  31. 胃がんの原因の99%!ピロリ菌除去は保険診療(健康保険)の対象!
  32. 増加するコワい目の病気「加齢黄斑変性」の、予防対策の食べ物
  33. 筋トレになる簡単なウォーキング方法「インターバル速歩」。ダイエットにも!

アメックス センチュリオンカード