脳の若返り方法 ~炭水化物ダイエットの副作用・危険

おすすめ記 > 健康 > 脳の若返り方法 ~炭水化物ダイエットの副作用・危険

脳の若返り方法 ~炭水化物ダイエットの副作用・危険

実は、脳のエネルギー源は、糖質(ブドウ糖)だけだって知っていましたか?だから脳の若返りをはかるなら、糖質を上手に摂ることが大事になります。最近、物忘れがひどくなったと感じていても、改善することが出来ます。


逆に言うと、炭水化物を食べないという流行りの「炭水化物ダイエット」には、副作用として、脳の働きが悪くなったり、物忘れがひどくなったり、記憶力が悪くなったりする危険性があるんです。


「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 名医が認めた5大栄養素SP」では、ダイエットであまり炭水化物を摂らないようにしている50代の主婦の方が、物忘れがひどかったのですが、ちゃんと上手に糖分(炭水化物)を摂るようにすることで、太らずに、物忘れも改善できたという例が紹介されていました。


hakumai.png上手に炭水化物(糖分)を摂るコツは、多糖類(いろいろな糖と繊維質が含まれる糖)を摂ることだそうです。


糖分には、単糖類(1種類だけの糖がある。果物やはちみつ等)、二糖類(かなり甘いものが多い。砂糖や水あめ等)、多糖類があります。多糖類は消化が遅く、ゆっくり長時間体や脳に栄養を送り、すぐ吸収される単糖類・二糖類より太りにくいそうです。


その多糖類とは、白米やイモ、麺類、豆類。他にも、春雨やバナナ、納豆など、いろいろあります。


厚生省では栄養の基準摂取量などを策定していますが、炭水化物のおすすめ摂取量を決めるのはとても難しいようです。ただ、最低限として、体が1日活動するためにどうしても必要とする糖質の量を100gとしており、また、2010年版の「日本人の食事摂取基準」から考えると、30代、40代のデスクワーク中心の女性は260g、50代の女性は約240gが、1日の炭水化物の必要量となるようです。


白米のご飯1膳を150gとすると、そこに含まれる糖質は約55g。二糖類である砂糖の多いケーキやお菓子などをたくさん食べるのではなく、食事の中でちゃんとした炭水化物を食べれば、脳にダメージを与えずにダイエットができそうですね。



関連記事

  1. コラーゲンは、やっぱり効果がある!特に60代以上、そしてスポーツ選手にもおすすめ
  2. 骨のオステオカルシンを増やして、糖尿病や動脈硬化対策!肌も美しく!?
  3. 風邪に効く食事はチキンスープ!そして、足の裏もあたためよう!
  4. 天然のサプリメント「クルミ」「マカダミアナッツ」の成分と効果、栄養、カロリー、おいしいナッツ専門店
  5. 元気に長生きする方法と食べ物:細胞の長寿遺伝子の活性化と、テロメアの安定化を促す!
  6. 兼子ただしの簡単ストレッチで、下腹がへこみ、肩こりも解消!SSS(スリーエス/ストレッチ専門店)が超人気の理由!
  7. 認知症予防の食事方法、昼寝と、予防トレーニング体操(運動)「トントン&スリスリ」
  8. 頑固な肩こりの原因「ストレートネック」を改善する、竹井式ストレッチ体操
  9. 肩こりの本当の原因「筋膜」と、肩こりを根本的に治す竹井式ストレッチ体操(byためしてガッテン)
  10. ダニを高熱で100%撲滅する方法~ダニアレルギーにさようなら!(by ためしてガッテン7月23日)
  11. 熱中症対策に効く飲み物や水と、スポーツドリンクと経口補水液の違い
  12. 熱中症の症状と予防対策、なりやすい体質「ドライボディ」と、「楽々スクワット」(ためしてガッテン7月15日)
  13. 帯状疱疹の原因と初期症状、虫刺され・おできとの見分け方、予防など byNHKためしてガッテン7月8日
  14. 閉経の年齢や、閉経前後の症状、女性ホルモン、痛みやにおいについて(あさイチ・オンナの保健室6月22日)
  15. ゴッドハンドの酒井慎太郎さんが肩こり腰痛対策・予防・体操、ストレートネック対策(枕など)を伝授!(ゴゴスマ6月25日)
  16. 喘息・アレルギーが悪化する前に!カビとダニの退治・対策・掃除方法(林修の今でしょ講座5月26日放送)
  17. すい臓がんを自分で早期発見する方法と検査法、症状!(自己判定ガイドbyためしてガッテン)
  18. 認知症の超早期サイン(シグナル)症状は、日常生活の些細な変化!
  19. 物忘れがひどくなった40代50代、必見!質のいい睡眠の取り方・眠れない時の対策
  20. 常備したい4つの漢方薬、その4「加味逍遥散」(更年期障害やイライラ、自律神経失調症に)
  21. 常備したい4つの漢方薬、その3「五苓散(ごれいさん)」(二日酔いの特効薬!)
  22. 常備したい4つの漢方薬、その2「芍薬甘草湯」(筋肉の痙攣・足のつりに!)
  23. 常備したい4つの漢方薬、その1「葛根湯」(風邪・肩こり・痛み退治に)
  24. 目の病気予防には、まず紫外線対策・予防を!
  25. 足腰の筋力アップと骨の若返り ~たんぱく質・カルシウムの正しい摂り方
  26. 脳の若返り方法 ~炭水化物ダイエットの副作用・危険
  27. 血管年齢を若返らせる、エゴマ油(=しそ油)!別名は「畑の青魚」
  28. 疲れ目やドライアイを解消!?曇るメガネ「ウィンク グラス(wink glasses)」
  29. 認知症の種類とチェックリスト、予防や改善のための運動・体操・食事
  30. 認知症の初期症状(白質病変)を予防する食事と習慣
  31. 胃がんの原因の99%!ピロリ菌除去は保険診療(健康保険)の対象!
  32. 増加するコワい目の病気「加齢黄斑変性」の、予防対策の食べ物
  33. 筋トレになる簡単なウォーキング方法「インターバル速歩」。ダイエットにも!

アメックス センチュリオンカード